The Blind Watchmaker

京都在住のcyobiによる雑記帳です 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2012.12.17[月] 時香忘

 TV番組の一つである『奇跡の地球物語』で、蕎麦がテーマの放映がありました。『 そば・美味に秘めた生命力』の題で、開田高原近くにある蕎麦屋が取り上げられていました。

 その蕎麦は『熟成そば』というものでした。『熟成そば』は従来の常識に反して、夏場は3日、冬場は1週間ほど熟成させるそうです。常識では蕎麦は、挽きたて・打ちたて・茹でたてで、味わうのが美味しいとされてきました。熟成により、今までにない『旨みと風味』を持つのだそうです。その番組を見て強く『食べてみたい』と思いました。


zcobo1.jpg

zcobo2.jpg


 開田高原からの帰りに立ち寄るチャンスがありました。本日の粗挽き蕎麦の熟成度は3との事。3とはどのくらいのレベルなのでしょうか。

zcobo3.jpg


 長い廊下をを進むと入口で、ギャラリーが併設されています。蕎麦屋と言うよりも、イタリアンレストランの雰囲気が似合いそうです。

 注文したのは、『極粗挽きおやまぼくち もり蕎麦』のおお盛りです。しばらくして、蕎麦茶が運ばれてきました。ほどなく生山葵と鮫皮おろしが出てきて、蕎麦が来るまでの間山葵をおろしていました。


zcobo4.jpg

 おやまぼくちは、キク科のヤマボクチ属の多年草です。山菜として、ヤマゴボウとして食べられています。その葉脈を取り出して、粗挽きの蕎麦のつなぎとして0.6%使用しているそうです。

 粗挽きにもかかわらずきめ細かな食感があり、ほのかな甘みも感じられそのままでも美味しいです。つゆは鰹風味が強くおいしいのですが、私には甘みが強かったのが少し残念でした。今度は、おろし蕎麦を食したいと思います。

 蕎麦湯は絶品でした。蕎麦のポタージュスープみたいです。帰り際、ご主人の話を聞く事ができました。一方ならず蕎麦をつくる情熱を感じました。また別の時期に訪れてみたいです。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lawine.blog75.fc2.com/tb.php/987-fda8cb82
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cyobi

Author:cyobi
日常を綴った雑記帳です。
タイトル通り自然淘汰されるか、進化するかお楽しみに!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。