The Blind Watchmaker

京都在住のcyobiによる雑記帳です 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2011.10.26[水] 京都造形芸術大学

 京都造形芸術大学のギャラリー・オーブで『時の贈りもの』展が催されていました。京都とフィレンツェは姉妹都市にあたります。これら二つの都市は、文化的・芸術的に高いレベルを有す都市として知られています。両都市に伝わる幅広い形態の職人技を紹介する目的で催されました。

 数ある展示の中で、一番気になったのは魔鏡です。魔鏡は普通の鏡として使うことができますが、光を反射させると鏡の表面には無いはずの像が、反射した光の中で影として浮かび上がるものです。昔隠れキリシタンが、十字架やマリア様などを隠したまま浮かび上がらせ、それを崇拝するために使われたそうです。

 原理は、鏡の表面に見た目ではわからない微細な凹凸があり、 日光を反射させると凸部分では光が散乱し影に、凹部分では明るく収束し文様になるためです。 鏡を離れた壁などに反射させると、光の焦点がずれ始め文様となって見えるものです。現在でも売られていますが、大変高価です。魔鏡そのものはあまり実生活には役に立ちません。

 しかし魔鏡の原理を利用した、半導体のウェハー表面検査装置があります。ウェハー表面の微細な凹凸を非接触で検査するものです。昔の技術がうまく生かされた例ですね。

Giant_Torayan.jpg

 ジャイアント・トらやん


kzg1.jpg


kzg2.jpg

 本館前の幅広い階段。けいおん!のオープニングにも登場しました。


kzg3.jpg
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lawine.blog75.fc2.com/tb.php/736-7ea2d955
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

cyobi

Author:cyobi
日常を綴った雑記帳です。
タイトル通り自然淘汰されるか、進化するかお楽しみに!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。