The Blind Watchmaker

京都在住のcyobiによる雑記帳です 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2011.03.15[火] mbed 温度計

 LCDの表示ができたので、そのLCDに何か実用的な値を表示させようと思いました。手元にナショセミの温度センサーであるLM35DZがあったので、デジタル温度計を製作してみました。

 LM35DZは10mV/℃の出力特性を持ち、単一電源で使用する場合2~100℃まで測定できます。実用上は2~50℃で良いので、センサー出力は20~500mVとなります。mbedのアナログ入力レベルは0から3.3Vなので、センサーの出力を6倍に増幅させて、信号のレベルを稼ぎました。A/Dコンバータは12bitなので、1bitあたり0.014℃となり充分な分解能となります。

 オペアンプは単一電源で動く、手元にあったLM358を用いました。レールツーレールではないので、3.6Vぐらいで出力がクリップされます。6倍の増幅率なので、センサーが55℃以上の場合アナログ入力に3.3V以上印加されることになりますが、mbedのマニュアルに5Vまでは容認できると書かれていたので良しとします。

 回路はサンハヤトのICB-293のユニバーサル基板に製作しました。スターボード・オレンジの外形、接続穴ともぴったりです。オペアンプは2回路入っているので温度センサーも2つ用意し、一つはケーブルでセンサー部を延長しました。

 ユニバーサル基板上の製作した回路です。半固定抵抗で増幅率を調整します。あらかじめ定電圧電源により、増幅率は調整済みです。基板左端手前がオンボードの温度センサーで、3ピンで繋がれているのが延長した温度センサーです。

mbed_temp1.jpg


 スターボード・オレンジと接続しました。ちゃんと温度が出ています。この後スターボード・オレンジとタンデムに基板を固定しました。

mbed_temp2.jpg


 temp1がオンボードセンサーの温度です。temp2はセンサーを指でつまんたので、少し温度が上がっています。

mbed_temp3.jpg


 スターボード・オレンジ
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lawine.blog75.fc2.com/tb.php/579-e10a273b
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cyobi

Author:cyobi
日常を綴った雑記帳です。
タイトル通り自然淘汰されるか、進化するかお楽しみに!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。