The Blind Watchmaker

京都在住のcyobiによる雑記帳です 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.10.23[土] 藤前干潟

 ラムサール条約に登録されている、藤前干潟へ行って来ました。伊勢湾岸道路の名港中央ICを下りてすぐの、庄内川河口左岸へ。ちょうど昼に着いたので干潮にあたり、川の中央に中州が現れていました。早速スコープを出して観察すると、オオソリハシシギ、アオアシシギなどのシギ類やダイゼン、コチドリなどのチドリ類が見えました。また、遠くにはキンクロハジロ、スズガモなどのカモ類も多数漂っています。

daizen.jpg

 チドリ目 チドリ科 ムナグロ属 ダイゼン Pluvialis squatarola


 もう少し中洲に近づくため、上流の方に移動しました。中洲にいるシギチ類をゆっくり観察しようと思った時ミサゴが飛んできました。その時はラッキーと思っていましたが。しかしミサゴに驚いたシギチ類が、すべて何処へとんでいきました・・・。結局残ったのはカモ類だけ。しかもその後ミサゴはずっと中州に居座っていました。


misago_20101024.jpg

 タカ目 ミサゴ科 ミサゴ Pandion haliaetus


onagagamo_20101024.jpg

 カモ目 カモ科 マガモ属 オナガガモ Anas acuta


fujimae.jpg

 遠くに見える橋は名港トリトンの一つ名港西大橋です。、手前のコンクリートスロープは永徳スリップと呼ばれている、旧日本海軍の水上攻撃機の上陸入水用として使われた傾斜路です。


 シギチはいないしカモ類ははるか遠くのため(カルガモ、マガモ、コガモなどの淡水カモ類はいました)、弥富野鳥園へ移動。少し遠いですがノスリが枝に留まっています。その向こうにはミサゴもいます。池にはカモ類も多数います。午前中はオオタカが近くに留まっていたそうです。


nosuri_20101024.jpg

 タカ目 タカ科 ノスリ Buteo buteo


mozu_20101024.jpg

 スズメ目 モズ科 モズ Lanius bucephalus

yatomi.jpg


 野鳥園の駐車場近くの高架下のコンクリート壁に、水抜きの穴が多数設置されています。その穴全てにスズメが居ついています。近付いてみると穴の中には巣材が入っています。スズメのマンションだったのでした。この頃軒のない家が多いので、スズメも住宅難ですね。探鳥数は36でした。


suzume_20101024.jpg

 スズメ目 ハタオリドリ科 スズメ Passer montanus

 
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lawine.blog75.fc2.com/tb.php/490-2b7da979
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cyobi

Author:cyobi
日常を綴った雑記帳です。
タイトル通り自然淘汰されるか、進化するかお楽しみに!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。