The Blind Watchmaker

京都在住のcyobiによる雑記帳です 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.05.05[火] サンガ第十節

 GW三連戦の最後の横浜戦は、ホームの西京極です。五連敗の可能性もあるかなと、あまり期待せずKBSでTV観戦です。横浜には大剛の弟の千真がFWとしてスタメンで出ているので、兄弟対決にもなります。

 開始早々、結構プレスが効いてボールをキープできています。ディエゴがボールを奪ってパウリーニョへパス。パウリーニョには日本代表の中沢がマークしていましたが、切り返してマークをはずし右足でシュート。久々の先制です。中盤でボールを得るとすぐ前線へパス、またはDFの裏を狙っています。ただディエゴとパウリーニョの二人で攻撃しているようなもの。両サイドの林、大剛がもう少し攻撃に絡めば追加点を得られたかもしれません。特に林は、GKと一対一となる得点機会をつぶしています。

 後半も前線への早めのパスにより、攻撃時間が増えています。今までのように、相手の守備が整うまでDFでゆるパスを回していたのがうそのようです。こんな事ぐらいもっと早く気づけよと言いたいですね。
 ディエゴのミドルシュートが決まり、2-0になってから少し様子が変わってきました。横浜の波状攻撃が続きます。サンガがボールをうまくキープできません。その理由は、すぐに前線へボールをフィードするからです。サンガの受け手がディエゴとパウリーニョの二人しかいないので、すぐボールを失います。2点差が有るのだから今までやって来たように、DFでゆっくりボールを回してゆっくり攻めればいいのに。そのためなのかパウリーニョに換え豊田を投入。しかし、うまくボールをキープできません。今必要なのは追加点ではなく、時間の経過だというのがわかっていないのです。この辺は鹿島や浦和の試合はこびを見習ってほしいですね。コーチ陣ももっと勉強してください。

 でも勝てて良かった。降格圏も脱出しています。

 
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lawine.blog75.fc2.com/tb.php/112-47fbac49
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cyobi

Author:cyobi
日常を綴った雑記帳です。
タイトル通り自然淘汰されるか、進化するかお楽しみに!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。